<<  2010 11  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変なことが起こりました。
午前中、保護してた猫が一匹脱走。
掃除中の油断が原因でした。

お昼すこし前までは
逃げる姿を見かけたのですが、
午後の打ち合わせ+納品が終わり、
4時半に帰宅した時には庭にはいなくなっていました。

暗くなってからも探したけど成果はなし。
即席でこしらえた段ボールの家にもいないし、
おいといたごはんも食べた形跡がありません。

最悪なことにあの子は昨日三種混合をうけたばかり。
ぐっと気温が下がるというこの夜を耐えられるか…。
普通に考えたらアウトでしょう。

先ほどまで工房で帰りを待っていました。
シロさんはやはりストレスでつらそう。
残った一匹はぐんぐん元気になり
毛並みも整いました。
さみしそうになくので、膝に乗せたら
安心して眠ってしまうほどのひとなつこさ。
情が移りそうです。
次の捜索は明日明るくなってからにします。
スポンサーサイト
クレートのそばで
黒ネコさんとのくらし、二日目にしてシロさんにはきつそう…
おかげさまで保護ネコさんの
検査や接種が終わりました。
いやー、驚きました。
あの子たち、女の子です。美人姉妹。
そして、採血や注射も嫌がらず、
触診も我慢できるんです。
猛猫シロさんしか知らない私にとっては
この穏やかさは驚きでした。

診断結果は、栄養失調による貧血のほかは健康。
外生活が短かったためか、
ウイルス感染もノミ・シラミの害もありません。

お医者さんに太鼓判押されて
やっと安心しました。
そんな訳で、今夜は工房のなかにクレートを設置。
物置よりは温かく眠ってくれるでしょう。

夜になって、シロさんの様子が
心配になってきています。
先住ネコのシロさんには
敬意も愛情も払っているつもりなのですが、
近くに同類がいることに耐えられないのかしら。
警戒して色んなところを歩き回り、
顔の表情は険しくごわごわ。
そして悲しいことに
今日は撫でても一度もゴロゴロいわないんです。
お年寄りに無理はさせられないけど
もう少し辛抱してもらうしかありません。

里親募集ポスターはいつもお世話になってるテッツ犬猫病院と
ファミリーマート三百人町店に置かせてもらっています。
里親募集
動物病院へ貼ってもらうため、ポスターを作りました
昨夜保護した黒ネコさん二匹。
元気で朝を迎えました。
砂箱にはこんもりうんちとおしっこ。
朝ご飯も残さず食べ、
その後グルーミング。
健康に問題はなさそうです。

前のお宅でよほどかわいがられていたのでしょう。
なでてもらうのやだっこが大好きです。
一匹はおとなしく、食べるのが遅く、やせていて
もう片方は元気で、食べ方にも勢いがあり、
一方に較べれば肉づきもまあまあ。
兄弟で(性別未だ分からず…)
性格がはっきり違います。
ネコらしく二匹で丸まって寝る様子が愛しいです。

今朝になって判明したことが色々。
うちのばあちゃんからのご近所情報です。

この子達、コンビニから2軒離れたところにあった
お宅の飼い猫でした。
おじいさんとネコ3匹の暮らしで、
そのおじいさんが猛暑の8月道路横断中に倒れ、
そのまま亡くなったんだそうです。

家に鍵をかけて外出したままだったので、
ネコは家の中に長いこと閉じ込められたままになっていました。
見かねた近所の人たちが、窓かなにかのすきまから
ご飯を与え、今日まで命をつないできました。

家の解体工事がはじまったのが数日前。
慣れない外生活がはじまりました。
近くのファミリーマートが
完全室内飼いだったこの子達の餌場になり、
買い物客の何人かにごはんをもらったりしてたそうです。

亡くなったおじいさんのことを思うと、
なんとも切ない話…。
誰もお世話する人のいない家に
愛猫を残して死んでしまったなんて。
そして残された猫さんたちも
どうしてあの愛情に満ちた生活がなくなってしまったのか、
戸惑ったことでしょう。
(おじいさんの家は通りに面していて、
表札には猫の名前を記してしまうほどの愛猫家でした)
8月から11月まで
天候的にも厳しかったこの時期。
乗り越えてこられたのはすごいことです。
もう一匹の行方が気になります。

これから午後イチでテッツ先生の病院へ行きます。
三種混合とノミなどの駆除。
こわい思いをさせたくはないけど
万が一シロさんと接触する可能性もあり、
いずれにせよ必要なことです。


※その後、ネコは全部で4匹飼われていたと知りました。
残り2匹、幸せに暮らしているといいけど。
ねこのび
帰宅途中、自宅近くのコンビ二で
2匹のちいさなネコを発見・保護しました。
こんなことはシロさんのとき以来
11年ぶりです。

子猫の姿を目撃したとき、
最初は野良ちゃんなのかなと思いましたが、
首にははっきりと首輪の痕。
人なつこく、自ら近づいてきました。
シロさんに較べると
体もか細くて触ると骨が分かります。
慣れないごはん探しに苦労している様子で
ゴミ箱を漁ろうとするも失敗。
ごはんがみつからなくてしょんぼりしている様子が
なんともかわいそうで
保護しても長くおいてあげられないのは分かっていたけど
見過ごしにできなかった次第です。

たっぷり30分はかかったでしょうか。
同じく同情して集まって来た人たちと協力して
ケージとクレートに無事保護。
一匹だけじゃなく二匹だったので、
一人ではできない大仕事でした。
中でも、最後まで辛抱強くつきあってくれ、
お世話してくれたWさん、
ほんとに感謝してます!

うちのシロさんが興奮するので
この子達を納めたクレートは
朝まで工房隣の物置のなか。
北の匠の会の明日の予定は
会長にキャンセルさせてもらって
動物病院に連れて行くことにしました。
ノミ駆除と予防注射の後、
新聞に里親募集の広告を出す予定でいます。

風花画廊in福島
今日は福島の風花画廊へ遠出をしました。
ギャラリー縁の作家による’コレクション展’開催中で
出展作家のお一人・小関さんが連れて行って下さいました。

ギャラリーには陶芸工房も併設されていて
オーナーは陶芸家。
(DMの写真が作品です)
作品が映える落ち着いた雰囲気+気持のいい場所。
作家のセレクションも興味ぶかく拝見しました。
私もいつかここで展示できたら…どんなにすてきかなあ。

シロさんひとつぶ食べ
これがうわさのひとつぶ食べ。
手のひらが痛いときには
こうしてお皿の上にぽろりと載せて
食べさせます。
昨日は珍しく吐いたけど
吐く癖もこれですっかりおさまってます。
minasoko shippai
おととい作った水底の風、
みごと失敗しました。
その反省点をふまえて昨日作った玉も
イマイチの出来。
二日続けてのこんな状態に頭を悩ませています。

今回の失敗は今までにない種類。
銀を被せた層が破れてしまって
ベースに使っている色が
割れたところからのぞいてるんです。
銀箔がいつもより薄くなるはずもなく、
要は箔を動かして細かく割るときに
問題が起きてるみたいです。
作業途中、気付かなかったのが不思議。

こんな時に限ってバーナーが使えません。
今日はワークショップのお客様の玉が入っていて
窯が使えないし、
夜はアクセサリーに組む作業をします。
明日から週末にかけては外出。
しばらく頭の中で試行錯誤を楽しみます。

虫ピンcoco-chi
箱にはcoco-chiのロゴも入りました
お待たせしました!
ガラス玉虫ピンの新しいバージョンを
昨夜入荷してきました。

今回20箱お納めしたうち6箱が
内箱の底に直筆のこけし絵を忍ばせてます。
外からはどんな絵か分からないので
一度虫ピンを外してチェックしてみてくださいね。
ご要望にこたえて
今回はガラス玉もカラフルになってます。

coco-chi
〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-5-31大友ビル2F B号
OPEN AM11:30~PM8:00(土日祝~PM7:00)
月曜定休日

銀化玉・水底の風
今日は昨日とまるで違う玉を作りました。
今日焼いた”水底の風”は、
大きく、深くしたい玉。
昨日まで作っていたのは
逆に遊びの部分の多い小さな玉。
日々作るものが違うと
制作にふさわしいコンディションの調整に
苦労することがあるけど
作業は集中してよくできた気がします。
正反対なのに不思議なものですね。

若い二人の女性への贈り物にと
このガラス玉の注文を下さったM様。
最近お母さんを亡くされたお二人なので
だから大きな青い玉がいいのだとおっしゃっていました。

三日前、友人がある方の死を知らせてくれました。
信じられないような突然のこと。
亡くなったと聞いてすぐよりも
時間が経つにつれて色々思い出し
しんみりした気持になっています。
特に玉を作るとき
記憶がふいによみがえってきたり
もしかしてこの瞬間、
そばにいてくれているのかもと感じたり。

肉体がなくなっても霊魂は残りますよね。
少なくとも私はそう信じています。
亡くなったK先生の魂、
まだこの世をさまよっているのではないかしら。
幸せな状態でいてほしいです。
granule of light variation 3
おととい作ったgranule of light。
granule of light variation 1
個別に写真を撮ってみました。
granule of light variation 2
光の当たり具合で表情が違ってみえます。


dekitate
銀化玉・granule of lightのバリエーション。
昨日作ったものを窯からだしたところです。
蓮の葉に水滴がのっているような玉になりました。
ガラスの粒の配置も土台の形も、
試してみたいことがたくさん。
壊れかけたような円錐の理想にはまだ辿り着けてません。
納品の準備がなければ、
これだけ一日中作っていたいです。
新作
こちらも新しい玉。
というか、新しい玉に至るまでの過程。
展示中に描きためていたものを玉にしようとしてます。
頭の中に描いていたものが実現できないもどかしさ。
作っていくうちに見えてくる新たな展開。
銀化玉・granule of light 撮りなおし
銀化玉・granule of light
銀化玉・axis 撮りなおし
銀化玉・axis
納得いかなくて撮りなおしました。
午後工房に光がちょうど良く差し込んでくれる時間があります。
その時間をなんとか捉えて撮影。
今日の作業ではgranule of lightのバリエーションを作りました。
お散歩のあと
おかげさまでおしりはなおりました
暖かな日。
走り回ったり、
日だまりで休憩したり
シロさんもずいぶん長く庭で遊びました。

銀化玉・granule of light
銀化玉 granule of light
会場で撮った写真がうまくいかず
今日撮りなおした写真。
でも、本体の色と金色葉っぱが同化しちゃって
思ったより見えにくいのです。
他の新作と一緒に明日また撮りなおそうかな…。

壊れかけた円錐形のなかに
光の粒が入っているイメージが最初ありました。
そこに到達できないでいるうち
3弁のお花のかたちになりました。
展示で好評いただいたので
これはこれで作りつづけようかと思います。

おしりふき
おしりふきを初めて使いました。
この目的の為に開発されたものだけあって
肌触りがよいのか、
おしりまわりのお手入れも昨日よりスムーズ。
お鼻のよごれも取れて美男子に。

今日は午後から工房に生徒さんをお迎えしました。
私は作家としての立場を大切にしたいので
単発のワークショップ以外は
教える立場に身を置かないつもりでいるのですが、
9月の二人展の時に出会いがあり、
いくつかの条件のもとにお引き受けすることにしました。

Tさんは今月から週一で工房に通って
先週はお孫さんの為のブレスレットを仕上げ
今週は自分用の玉を焼きました。
自分用ができたら、
お友達の分も作ってプレゼントされたいのだとか。
夢がふくらみますね。
シロさん困り顔
今日はおしり写真は撮れませんでした。心なしか、困り顔…
久しぶりにシロさんとゆっくりしました。
シロさんのお昼寝の横でガラスを融かしたの、
約1週間ぶりですものね。
今日の作業はcoco-chiさんへ納めるガラス玉虫ピン。
展示期間中お待たせしてしまったので
あと2・3日で仕上げるべくがんばっております。

今回の納品からカメイ記念展示館にお納めしているものと
違うバージョンになります。
箱にもcoco-chiさんのロゴが入り、
中身のガラス玉虫ピンも色違い。
どうぞお楽しみに。
シロさんのおしり
11/14朝のシロさん かわいそうなので写真サイズ、小さめに自粛

北の匠の会の展示はおかげさまで
大盛況のうちに終了しました。
今日は会長宅でお預かりしていた作品の
チェックや発送作業をお手伝い。
やっと明日から工房に戻れます。

5日間の展示期間中、
シロさんにたいへんな災難がふりかかりました。
朝ご飯を急いで食べたシロさんが
びっくりするほど大きなうんちをして
おしりを傷めてしまったんです。
これは一度にご飯をたくさんあげてしまった私のせい。
朝のほんの少しの時間を惜しんだこと、
後悔してます。

以前はすごい勢いでごはんを食べても
こんなことは起きなかったけど、
一粒食べに慣れてしまったシロさんの消化器官は
大量に入ってきたごはんを
通常の2倍の太さのうんちに変え
デリケートな粘膜を傷つけてしまいました。

今日観察したシロさんの患部は
すこし赤みがひいてきた様子。
お湯で浸した脱脂綿で触れると
逃げようとするけど
せめて清潔な状態を保てるよう努力します。
十字石
北の匠の会・杜の都の伊達なガラス展に出品した
銀化玉の新作です。
石をモチーフにした作品で、
十字石という名前をつけました。
実際の十字石に忠実なかたちではありません。

玉はすこし複雑な形をしていて
ある角度からは四角。
裏に隠れて見えない部分も合わせて
”十字”に見立てました。
まんまるシロさんひなたぼっこ
日だまりで体を丸くして寝てました。
昨日10日朝のシロさん。
会場にて
搬入の様子。
今回もサポーターの方たちをはじめとする
大勢の方の協力で
機材の運び込み、配置など
早々に終了できました。
みんな作業に慣れていて、
てきぱき素晴らしい働きぶりでした。
ケースの中
私の展示はこんな風に。
配置はどうするか詰めてなかったので
ほとんどアドリブでやりました。
aquarious
新作・銀化玉aquarious
多面体
新作・銀化玉多面体
明日から会場は写真撮影禁止です。
撮影の機会は今日のみ。
他にも新作が3つありますが、
写真がよくありませんでした。
手直しして明日以降アップします。
スポンジ収納 全体
朝明るくなって写真が撮れるようになったので
昨夜お話ししたスポンジ収納の写真を撮りました。
私にとっては目からウロコの収納法ですが
採用している作家さん、結構いらっしゃるのかも。
スポンジ収納
スポンジはどれがいいのか分からず、
二種類用意し、併用することにしました。
メラミンスポンジ(白)は
緻密な分、固い質感。
黄色いのは洗車用の大きなスポンジで、
ふわふわしています。
厚さはどちらも4cm程度。

A4サイズの書類を入れるプラケースに
あまり隙間がでないように詰め、
スポンジに入れた切り込みの中に
挟み込むように収納。
しっかり固定されるので
ガラスは動きません。
100円ショップから購入したものもあるので
材料費は¥700程度。

さて今日はこれから搬入です。
明日からの展示、
お近くの方はどうぞ見に来て下さい。

北の匠の会 杜の都の伊達なガラス展
2010/11/10(水)~15(月)
10~18:00(最終日15:00)
LB Gallery(エルビーギャラリー)
仙台市青葉区大町1-2-1ライオンビル1F
青葉通りエクセルホテル東急向かい
問い合わせ:022-307-3820(工藤)
http://kitanotakumi.jj.cx/

にゃーん
シロさんはおとなしい子。
満足していれば一日中静かです。
工房に知らない人が来て(滅多に来ない家族)
めずらしく声を出したところをぱちり。
ダイエットのせいか、少しお顔がスリムになったような?
一粒食べ、まだ続けています。
サフランの花
明後日から北の匠の会の展示。
明日は搬入です。
準備は昨日まででほとんど終わり
今日は一日のんびりできるかなと思ったけど、
結局お仕事は果てしなくて
買い物に出かけたり、よく動いた一日でした。

今回、ガラス玉の梱包に新様式を採用。
ふわふわしたスポンジをすきまなくプラ箱につめ、
切れ目を入れた部分にガラスをすっぽり入れる(はさむ)やり方です。
会長宅で検品/写真撮影したとき、
こういう方法があることを知りました。

試してみたけど、
この方法、なかなかよいですよ。
スポンジは繰り返し使えるし、
何より時間が大幅に短縮できるとこがいい。
今まで私は玉をひとつづつ柔らかな紙で包んでいて
梱包を解くだけで1時間以上とか
すごい時間をかけてたんだけど、
これを知ったあとでは後戻りできません。
明日梱包の写真を撮ってお見せします。
伊達なガラス展DMオモテ
ここ何日か、ブログアップを怠っていました。
やっと作品展に出す玉の計画ができ、
先ほどリストをメールで提出。
無事本番を迎えられそうです。

今日はかねてからの計画通り、
北の匠の会・工藤会長宅で
遠方から送られて来た出品作品の点検や
写真撮影のお手伝いをしてきました。
この作業は明日で終了の予定です。

諸先輩方の作品を間近に拝見して思ったのは
ランプワークが進化してるってこと。
技術に裏打ちされた自在な表現にため息の連続でした。
あともう1週間でご覧になれますので、楽しみにしていて下さい。

伊達なガラス展DMウラ




Template by coconuts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。