<<  2012 08  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペインのガラス片
今日の作業は一昨年の二人展のパートナー
画家の安部悦子さんからお預かりしたもの。
オレンジ色に近い明るい赤のこのガラスは
スペインのお土産もの。
鉄の枠にガラス種を吹き込んで
作られた大きめのジャグで
地震で壊れたものの
捨てられなかったそうです。
赤は温度管理が適切でないと
黒っぽい色になります。
明日窯を開けるまで
ドキドキです。
ゆり
工房の前の庭に咲いた百合。
見事なので写真におさめました。
スポンサーサイト
おおきなしずくたくさん
大きなしずく、これです!
吉里吉里の浜のガラス片を
引き続き使っています。
おおきなしずく一個
ガラスの表面は
長い間波にもまれて
磨りガラス状になっています。
白く螺旋状にみえるのは
その部分が沸騰したときの
眼には見えないほど微細な泡。
ふんわりはいってくれたので
いい模様になりました。
奈未さんのガラス玉
昨日作業したガラスを窯から出しました。
古い’銀河’ガラスはやわらかく
素直な丸い形の玉にできあがっていました。
まだ溶けてやわらかいままのような
雰囲気が残っているとおもいませんか?

ひとくくりに透明のガラスといっても
そこにはいろんな質の違いがあります。
このガラスはかすかに水色。
小さな泡も入っています。
初夏の午前中の、青い日差しを連想します。

flamework show
9月の展示のご案内。
炎の芸術 現代フレームワーク展 2012。
名古屋のノリタケの森ギャラリーで行われます。

フレームワークとは、
バーナーを使ったガラス工芸のこと。
40名弱のガラス作家の作品が
全国から集まるので
きっと見応えのある展示になるはず。
9月8日には銀化玉の実演もさせていただきます。
ぜひこの機会に足をお運び下さい。
nami-san donation glass
今日の作業ではステンドグラス作家の
高橋奈未さんからお預かりしたガラス片を溶かしました。
手前の透明な型ガラスは古いもので
銀河という名前がついているのですって。
どんな具合に仕上がっているか、楽しみです。
gold banded
今朝窯からだしました。
しずく形のガラスには
金箔が錬り込まれています。
山形での9月の展示「月とえん」に
出品する予定でいます。

nemushiro
仙台は先ほどから雷が鳴り
夕立になりそうな
不穏なお天気。
作業途中ですこし火傷をしてしまって
今日は早くに切り上げました。

でも今日はなかなかいい日です。
今まで小さくしか作れなかったしずくが
大きくなりました。
明日のポストで成果をおみせしましょう。

Facebookアップしました!
そう、実はやっているんです。
よかったら遊びに来て下さい。↓

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=346411548775502&l=b4aa19f7d9

お盆ですがお休み返上で
お仕事してました。

深い緑と青のハート、
昨日に続けて今日も作ってます。
gold machibari for kuga-san
今日は金箔を錬り込んだ
待ち針を作りました。
午後のほんの少しの時間しかとれなかったけど
バーナーでガラスを溶かすときの集中が気持よく、
良い作業でした。
machibari for kuga-san
9月6日からの山形・『月とえん』展に展示されます。

given glass
もうそんなに時間が経ってしまったとは驚きですが
約一ヶ月前のガラスのグループ展でご一緒した
ステンドグラスGingaの奈未さんと
フュージング作家の岩橋さんとが
ガラス片を寄せて下さいました。

岩橋さんのくださったのは
黄色のストライプのお皿と
紺色のお皿。
初期の頃の作品でクラックがはいったものの
今は作っていない貴重な作品なため
ずっと保管されていたそうです。

ステンドグラスの奈未さんは
バーナーワークで使いやすい
小片を持って来て下さいました。
どのガラスも透明ガラスが被せてあり、
ビーズにした時にきれいな層になってくれそう。

お二人とも、私の為に時間を割いて下さって感謝です。
美しく素直なガラス玉、作りますね。
tanabata2012 02
昨日は仙台七夕の最終日。
プロジェクトに必要な
ガラスの破片を下さるということで
街なかで昼食とお茶をしました。
tanabata2012 01
今年もたくさんのお客様に恵まれた
仙台七夕。
前の晩に豪雨にみまわれたけれど
アーケードのなかの吹き流しは無事でした
tanabata2012 00
七夕が過ぎるともう夏の終わりも近づいてきます。
昨日今日は少し肌寒いくらいなので
さみしい気もします。

今日は北の匠の会が東北地方での取りまとめをしている
ビーズオブカレッジへの寄付ビーズを
点検/発送しました。
今回は宮城支部で集まったのは230個ほど。
寄付してくださった皆さん、感謝です!
kirikiri fragments
同じところで拾ったガラス片です。
こうやってみると、色や形、テクスチャー
ほんとに様々で
見ていてあきません。

今日は一番大きな
薄い水色のガラスからはじめました。
炎の中に入れてみると
なかなか粘りのある
高温が必要なガラス。
全体がやわらかくなるまでに
20分はかかりました。
kirikiri pins
ひととおりガラス玉を作ってからは
除冷窯の様子を見ながら
まち針作り。
以前は高温のガラスでは作れなかったお針ですが、
少し工夫をして成功にこぎつけました。
このガラス玉まち針は
来月中旬から始まる「月とえん」展向け。
山形市のギャラリー&(アンド)の企画展です。
静かな月の光が似合うガラス
作ろうと思います。
今日も暑いです!
吉里吉里の浜で拾ったガラス片を
今日はガラス玉にします。

flier2

9月半ばからの展示のため
硝子のしずくの写真を撮ってました。
flier
小道具はインド製のショール。
生地が傷んで繊維がぼろぼろですが
色や透け感がなんとも美しく
愛用しています。





Template by coconuts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。