<<  2014 01  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの大学にいたときにやった
その土地の砂から作る硝子の実験。
全3回の実験中最初のがこの写真に写ってます。
サンダーランドの砂浜の砂70%に
フラックスを混ぜたバッチ。
窯を傷める塩分、鉄分、有機物は
なるべく取り除いてあります。

無煙炭を燃料に焚き続けて数時間。
ガスバーナーを補助に使っても
1200度を維持するのがやっとでした。
昔の人がガラスを手にするまで
どんな苦労をしたか。
それには今では想像できないほどの
試行錯誤があったに違いありません。
耐火煉瓦やガスバーナーのない時代に
長時間高温を維持することの困難さ。
硝子がいかに得難く貴重なものであったかは推して知るべしです。

2番目のバッチはバンバラ産。
当時住んでた町から
60マイル北に白い浜があると聞き
連れて行ってもらった場所でした。
石英ばかりの白い砂は
同じ量のフラックスを入れても熔けにくく、
極々小さなスケールで硝子になった部分は
ほとんど色のない薄い水色。
透明な硝子でした。

3番目の実験は鉄分をわざと残したサンダーランドの砂使用。
鉄がフラックスとして働いてくれたおかげで
3回の実験のうちでは
一番硝子化が進みました。^ - ^
坩堝の最下部1cm、
緑色の硝子になったところ、
見えるでしょうか?

この3つの原ガラスには思い出もあり、
大切すぎて使えなかったのですが
一部を酸素バーナーで熔かしてみることに。

狙いは硝子化を少しでも進めること。
坩堝に入れると坩堝に接触する部分がロスになってもったいないので
太い鉄芯に原硝子のタネをとり、
炎の中で30分回転させながら融かすことにしました。
炎にかざすと小さな泡がたくさん発生します。

10分もすると、全体に火が回り、
石英の粒つぶが熔け
なめらかな質感になったようでした。

30分の加熱後に引いた細棒は
思ったよりもずっとザラザラ。
石英の粒の熔け残りが多いのです。
表面は温度が上がっても
中の方まで熱が伝わらなかったんでしょう。

これを使って小さなビーズを作りました。
写真はこれから撮るので
もう少しお待ちを!



すっかりポストが遅くなりましたが、
これがその写真。
石英の熔けきらない硝子のビーズ。2/20
スポンサーサイト

おかげさまで物産展は無事終了。
どうも大変お世話になりました。
写真は元気に待っていてくれた
水耕栽培の薔薇。^ - ^
もちろん猫たちも元気です。

昨日仙台に戻ってきました。
大切な日常がこれからはじまります。
お客さまから、
諸先輩がたから学んだこと
ひとつひとつ実行していって
次の展示では進歩した自分を
みせられるようにしたいです。

昨日までに事務処理は終わらせて
荷物も片付けたから
ここまでは時間の使いかた合格。
今日は午後から北根のギャラリーに
お届けものと集金にうかがいます。

物産展2日目の今日、
うれしいサプライズがありました。
会場で声をかけてくださった
お客さまの胸元に
銀化玉のペンダントが光っていたんです。
幸せの青い鳥、
よくお似合いでした。

偶然に広告で催事のことを知り
大垣から駆けつけて下さったとのこと
チェックを兼ね
心を込めて銀磨きさせていただきました。
おかげさまで無事つきました。
1時間ちょっとの空の旅は
席でお隣になったWatalisさんとの
おしゃべりであっという間でした。

Watalisさんは亘理で
古布を使い、ものづくりをとおして
地域復興をしている会社です。
ブースもお隣です。^ - ^

プランは立てて来たのに、
搬入は難航。
何時間やってもまとまらず、
帰れなくて後半泣きそうでした。
なんとか形ができたときには
ヘトヘトでした。

やっとホテルに帰ってきましたが、
寝る前にも、明日の朝にも
まだまだすることがたくさん!


空港に向かっています。
シロとキキ、穏やかに過ごしてくれますように。
明日の出発を前に
ドキドキしています。
先ほどやっとトランクに着替えなど
詰めはじめました。

第50回記念宮城県の観光と物産展
1\15(水)ー21(火) 10-20:00
名鉄百貨店本店[本館]7階/10階
雄勝のしずく。
2013年の夏に拾った
硝子のかけらから作りました。
写真のはひとつひとつが
わりと大きくて、
力が満ちているときに
思いきって熔かしたもの。



明けましておめでとうございます。
数か月ぶりにブログに戻ってきました。
身辺いろいろ慌ただしく…というのは
いつもの言い訳に過ぎず。
諸事なおざりにすることが多かった2013年でした。
おかげさまで仕事だけは忙しく
続けて来られたことに感謝です。
支えてくださっている皆さまには感謝です。

一月は来週から百貨店催事で
名古屋出張です。
久しぶりの名古屋。
北の匠の会でもいつもお世話になっている、ご縁ある土地です。
工房のネコたちをペットシッターさんにお任せして行ってきます。
ネコたち、無事でいてくれますように。

去年12月始めに
出店のお誘いをうけてから
準備で忙しくしていました。
展示スペースを今までの2倍もらいました。
ゆったりした配分を心がけ、
ガラスがきれいに見えるよう
工夫を凝らそうとおもってます。

2月も催事や展示が続きます。
今年は幸先のよいスタートをきれそう?
いい年にしたいです。



Template by coconuts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。