<<  2017 07  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大地の鼓動
佐藤建夫氏による漆絵 「大地の鼓動」
先日お邪魔した鳴子では、
美しい夜空を眺めることもできました。
佐藤さんの工房のある南原は
繁華な街なかから車で数分走ったところにあります。
ここが星空を見るには格好の開けた場所なんですね。
街灯もないので空の闇の色が濃くて
そこにぽつぽつ、透明な光を放つ星たちが光ってるんです。
星は一つ一つ小さいけど、しっかり光っている。
当たり前のことなんですが、
そんなことを新鮮に感じました。

佐藤氏は普段使いの漆器から
さらにはもっと大きな建築材まで
幅広く漆に携わるエキスパートです。
そのなかでも特筆すべきは
氏の発案・独創による「漆絵」。
油彩画のように色漆を下地に盛り上げたり
下に塗り重ねた色を研ぎだしたりして
自在に画面を構成していきます。
抽象画もあれば、鳴子の自然を題材にした風景画もあって
不思議に引きこまれました。

ここにアップさせて頂いた作品のお名前は「大地の鼓動」。
私にはあの星空の記憶とあいまって
星のまたたきをイメージしてしまうのだけれど、
作り手の佐藤氏は気を悪くされるかな…。
東京での展示に出ている作品もあり、
ギャラリーでは漆絵を数点拝見するのみでしたが
じっくり腰を据えて見つめていると
時間がいくらあっても足りなかったです。
ここを訪れる方の中には鳴子漆器の器類を
頭に描いてこられる方も多いと思いますが、
これも逃せない見所です。

佐藤漆工房・ギャラリー漆木舎(うるしごや)
〒989-6835 宮城県大崎市鳴子温泉字南原200
☎0229-87-2361
http://urushigoya.com
スポンサーサイト

Trackback

Comments

Comment From


















Template by coconuts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。