<<  2017 09  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉ネコさん手術後 チュー
姉ネコさん、
手術からの帰宅が早まって
お泊まりはなし。
昨夕、白い包帯姿で工房に帰ってきました。
それからずっと彼女につきっきりでいました。

手術が軽くすんだのは
手術の途中でこの子が避妊済みの体と分かったから。
腹膜もすぐに縫い合わせてもらえ
麻酔も軽くすみました。
事前にその可能性があることを
先生にはお話ししていたため
慎重に扱ってもらえました。

ご覧の通り姉ネコさんは
白い筒状の包帯めいたものを着てます。
その体が小さく、折れそうなほど細く、
余計な手術をしてしまったことがなおさらかわいそうです。
傷は3-4cmだそうですが、
人と猫ではスケールが違います。
大きな手術とリスクのある麻酔、
無事乗り越えられてよかったです。
これで妹ネコのまるちゃんも
避妊済みの可能性が高まりました。
神奈川のIさんにも
避けられる手術は避けてもらえるよう報告しました。

工房に戻って来た夜は座り心地に違和感があるらしく、
居心地のよい場所を探してそわそわ。
ずっと歩き回って落ち着きませんでした。
姉ネコさん手術後シロは包帯姿に驚いたようでしたが、
ニオイの確認がとれると通常モードに。
自分のかごを占領されても
違うところに寝床を見つけて眠ってくれました。
優しい子です。

今日は昨日より姉ネコさんが落ち着きました。
長い時間体を横にして眠ったり、
昨日は食べようとしなかったご飯も
食べてくれるようになりました。
明日はもっと回復できますように。


スポンサーサイト

Trackback

Comments

Comment From


















Template by coconuts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。