<<  2017 06  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テッツ・カード
新しくなった診察カード キキの名前が入りました
今日は姉ネコ・キキ、抜糸デー。
日向でひとしきり眠った後、
キャリアケースに入れ病院へ連れて行きました。

診察室では一声も鳴かず、
落ち着いた態度で全てに臨み
すんなり処置を終えることができたキキ。
白い包帯服を脱いだり
絆創膏を剥がしたり
手術糸を切ったりする間
始終落ち着いていました。
先生や助手の方もほめて下さったほどの
いい子ぶりだったんですよ。

これからも長い人生お世話になる病院。
手術で嫌な印象を与えてしまってないかも
心配していましたが、これで安心です。
お世話になったのは
仙台市若林区古城のテッツ犬猫病院。
今回のことで病院への信頼を強くしました。

絆創膏を剥がして
やっと見えてきた手術痕。
どんな風になっているのか、
ずっと気になっていました。
先生が以前おっしゃった通り、
傷は小さく3cm程度。
古い血のにじんだ部分が少しあったけど
新しい出血はなく、
想像よりずっとマシ。
最低限の傷と納得です。

この子を前に手術してくれた先生も
上手な先生だったのだと思うのですが、
テッツ先生も見事な手際。
手術上手な先生に二回ともしてもらえたのは
キキにとって幸運でした。
結果的に余計な手術になってしまって、
ほんとに申し訳ないけど…。

この下↓の写真、お腹剥き出し。
傷が見えています。
見たくない方はどうぞとばして下さい。
姉ネコ・キキ 手術の傷
工房に帰ってから、
今までできなかった毛繕いに熱中。
舐めすぎた3cmの傷のうちの下1cmが
血がにじんでしまいました。
血が出るほどなめてしまう場合は
またお洋服が必要。
でも、午後の診察開始の時間を待つ間に
血はきれいに舐めとられ、
病院へ連れて行くのはナシに。
シロしっぽ・クロしっぽ
シロさんとキキ、
今日も距離をおいて平穏でした。
シロさん 青いショール
いつも姉ネコさんが寝ている場所で
くつろいでます。
夜の姉ネコ・キキ 棚の上
前足を揃えて座ると 微妙なハート形
姉ネコさん、今夜は天井近く、
棚の一番上までのぼりました。
明日明後日と傷がよくなってきますように。
スポンサーサイト

Trackback

Comments

Comment From


















Template by coconuts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。